全身脱毛サロンに通うには平日と週末どちらの方が良い?それぞれのメリット・デメリットについて

2017年7月28日

脱毛は一日にして成らず……というのが一般的です。
個人差はありますが、脱毛の効果を実感するためには少なくとも3回~6回は脱毛サロンに通う必要があり、全身脱毛だと1年~2年の期間にわたるプランもあります。
それでも自己処理を一生続けていくよりは、はるかに楽になること間違いないですよね。

自己処理の煩わしさから解放されてツルツル肌を手に入れられるとなれば、脱毛サロンに通うのも楽しみになってくるのではないでしょうか。

さて、脱毛サロンに通うのに平日と週末ではなにか違いがあるのでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

混んでいるのはどっち?

脱毛サロンの予約が取りにくい時間帯はそれぞれにあります。
平日だと夕方~夜にかけて。週末は全体的に混雑していることが多いです。

ですが、逆に言うと平日の日中は比較的予約を取りやすい時間帯です。
平日の日中に時間が自由になる方は、週末を避けてこの時間に予約をいれるとスムーズですね。

営業時間に違いがあるところも

脱毛サロンの中には、平日と週末では営業時間が異なる店舗もあります。
実際に平日は12時~21時、土日祝は10時~19時になっているサロンがあり、平日はスタートが少し遅いけれど夜遅くまで営業しているのに比べ、週末はスタートが早く、終わりも早いなどとそれぞれ特徴があります。

考えようによっては営業のスタート時間が早い週末だと、朝のうちに脱毛を済ませておけばその後の予定を満喫できるというメリットもあります。

平日のメリット・デメリット

◎ 日中は予約が取りやすい
◎ 仕事や学校帰りに寄れる
◎ 営業時間が休日より遅くまでやっている店舗が多い

✕ 夕方~夜にかけて混んでいる
✕ 仕事で疲れていたり、急な残業で行けなくなるリスクがある
✕ 平日に定休日を設けている店舗がある

週末のメリット・デメリット

◎ 朝の早い時間に電話をすると、当日キャンセルがあって入れる場合もある
◎ 朝のうちに脱毛を済ませてしまえば週末を有意義に過ごせる
◎ 時間的余裕を持って予約時間の設定ができる

✕ 脱毛に行くためだけに出かける場合はちょっと面倒
✕ 貴重な週末の時間を確保しなければならない
✕ 週末は一日中混雑していて予約が取りにくいサロンが多い

平日・週末 それぞれのライフスタイルに合った通い方を

平日と週末、それぞれのメリット・デメリットはいかがでしたか?
遅くまでやっている平日ですが、実は閉店時間のギリギリには予約できないサロンがほとんどです。
閉店時間には施術が終っている必要があるので、単品部位だと30分前、全身脱毛であれば1時間程前が実際に予約を取れる時間になっていることが多いです。
それでも仕事や学校のついでに脱毛サロンに立ち寄れるのは大きなメリットですよね。

週末にお仕事や学校がお休みの方は、時間的な余裕があるので予約時間の選択肢が広がりますよね。
しかし、週末に予約が殺到するサロンが多いので、自分は時間があっても予約が取れない……なんてことも。

ですが、最近は平日と週末の営業時間が同じ脱毛サロンが多くなってきています。
また、24時間予約可能だったり、脱毛機械の発達で施術スピードが格段に上がって、そのぶん予約が取りやすくなっている脱毛サロンもあります。

平日に行くか週末に行くか、それぞれにメリット・デメリットはありますが、ご自分のライフスタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

コラム一覧に戻る

このページの先頭へ